永久脱毛の定義とは

v4of97kd永久脱毛は永久ではない

ムダ毛に悩む女性たちにとって、永久脱毛という言葉は、非常に魅力的に聞こえるでしょう。
面倒なムダ毛処理と永久にお別れ出来るなら、少々の出費は構わないと考える方も少なくないはずです。
しかし、永久という言葉を使ってはいますが、金輪際生えてこないと約束されているわけではないので、注意しなくてはなりません。

その定義は

残念ながら、現在行われている技術では、永久と謳っている施術を受けたからと言っても、ムダ毛はまた生えてきてしまいます。
これにはある定義があり、数回に亘って行われる脱毛コースが終了して、1か月後の時点で、ムダ毛の再生率が20%以下であること、または6か月が経過しても、ムダ毛が再生していないこと、となっているのです。
もう生えませんよという約束ではありません。

セルフケアではムダ毛の根っこが残る

それならセルフケアと同じではないかと思う方も多いでしょう。
しかし、抜いたり剃ったりというセルフケアでは、ムダ毛だけを処理しているに過ぎません。
つまり、毛の基となる毛乳頭はそのままということになります。
地面から生えている草だけを刈っても、根っこが残っているとまたすぐ雑草が生えてきてしまうのと同じです。
ムダ毛も根っこにダメージを与えなければ、何度処理しても再生してしまうでしょう。

プロの施術は毛乳頭を破壊する

エステサロンやクリニックでの脱毛は、主にレーザーやフラッシュ、ニードルといった方法が使われますが、どれも毛乳頭を破壊し、ムダ毛が再生することを阻止するメカニズムです。
これにより、セルフケアとは段違いの効果が期待できます。
1度の施術では効果を感じにくいかもしれませんが、回数を重ねるうちに、ムダ毛が生えにくくなっていることを実感できるはずです。
また、永久脱毛という言葉は、医療機関以外では使うことができません。
医師以外の人間が施術を行なうことは禁止されています。
このため、エステサロンなどでは永久という言葉は使われていないはずです。
エステサロンで現在一番よく採用されている施術方法は、フラッシュ脱毛と言い、医療行為ではありませんが、痛みが少なく、効果も充分にあるとされています。
リーズナブルなところも魅力ですので、まずはこちらから試してみても良いでしょう。